MENU

*

新型「インプレッサ」好調発進!先行予約は4000台超

   

1: 2016/10/03(月) 20:03:29.90 ID:CAP_USER9

ニュースイッチ 10月3日(月)7時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00010000-newswitch-ind

富士重、次車種に弾み。Cセグメントで他社から乗り換え
 富士重工業が全面改良して近く発売する新型主力車「インプレッサ」の国内先行予約台数が予約開始から
1カ月で4000台超に達したことがわかった。当初想定は「2000台程度」(同社首脳)としており、想定の2倍を
超える好調なスタートを切った。新型インプレッサは新規開発の車台を採用した次世代スバル車の
第1弾商品と位置づける。来年以降に投入される新車台を採用した他の全面改良車の販売にも弾みがつきそうだ。

 インプレッサはスバル車の主力車種で、5年ぶりに全面改良して今秋発売する予定。発売に先駆けて9月1日から
先行予約を始めていた。従来モデルは2011年12月20日に発売しており、発売直後にあたる12年1月の販売台数は2470台だった。

 新型インプレッサは新車台「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、走行性能と安全性能を大幅に高めた。
国内仕様車には国内完成車メーカーで初めて歩行者用エアバッグを全ての車種に搭載するほか、
運転支援システム「アイサイト」の最新版を標準装備している。ボディータイプはセダン「G4」と
ハッチバック「スポーツ」を設定。群馬製作所(群馬県太田市)と米国工場で生産する。(以下ソースで)

画像
no title


続きを読む