MENU

*

中古価格は最低でも2億円…パガーニ ウアイラ 日本第1号車を販売

   

1: 2017/02/19(日) 09:33:48.26 ID:CAP_USER

http://response.jp/article/2017/02/19/290866.html

イタリアの超スーパーカーメーカー、パガーニのスーパークーペ「ウアイラ」の日本第一号車が「ビンゴスポーツ」から発売された。

この車は、2013年に日本で初めて前オーナーに購入された後、再び発売されたワンオーナーカーだ。

走行距離は2,825km、発売価格は未定だが、200万ドル(約2億3千万)以下で売られることはないという。
パワートレインは、手作業で組み上げられるAMG製6リットルV型12気筒ツインターボエンジンをミッドにマウントし、最高馬力は730psを叩き出す。

僅か1,350kgという軽量ボディに、パガーニ純正パフォーマンスキット「Pacchetto Tempesta」
パッケージを装備、究極のエアロダイナミクスを実現すると共に、0-100km/h加速を3.2秒で走り抜け、最高速度は370km/hのパフォーマンスを誇る。

パガーニは、3月のジュネーブモーターショーで「ウアイラ ロードスター」を発表すると見られるが、
一体どこまでプレミア価格が上昇するのか、想像もつかない。

no title

https://youtu.be/-_bakHYcD9o


続きを読む