MENU

*

マツダ、19年以降のEVでロータリーエンジン活用

   

rx7
1: 2017/04/29(土) 13:46:40.04 ID:CAP_USER

 マツダは28日、開発中の電気自動車(EV)で、ロータリーエンジン(RE)を活用した航続距離延長装置の搭載を検討していることを明らかにした。REを発電機として活用することで走行中の充電を可能にし、走れる距離を長くする。EVは2019年までに、まず米国から発売することを目指している。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042801406&g=eco


続きを読む