MENU

*

ホンダ「シビック」 日本復活の意義とこだわり 6年ぶりに日本市場に投入

   

1:
img_91d22c7839ed6d2c991a2466e7ffde04109631

10代目に当たるシビックは2015年秋にアメリカで発売され、欧州やアジア、中国、南米などに順次、販売地域を広げてきた。

2016年の世界販売台数は約67万9000台、このうち、米国では約36万7000台を販売してセグメントナンバーワンを獲得した。

ホンダ関係者によれば、当初は日本市場に投入する計画はなかったが、アメリカでの爆発的なヒットをはじめ、各市場で販売が好調に推移していることから、日本市場で復活の機運が高まった。

日本市場には4ドアセダンと5ドアハッチバック、高性能版の「タイプR」の3タイプが投入される。
セダンとハッチバックの日本仕様は排気量1500CCのターボガソリンエンジン1本。

いわゆるダウンサイジングターボでセダンが173馬力、ハッチバックが183馬力の最高出力を発生する。
モーターとエンジンを併用するハイブリッド車(HV)やディーゼルエンジン搭載モデルなどの設定は予定されていない。

7月下旬に正式発表され、その後、日本国内で売られる見込みという。

車内は同クラスのセダンやハッチバックと比べれば広々している
img_8f0a28fa5c387722d3c3df5b7ef11529179026


http://toyokeizai.net/articles/-/174082


引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496221801/ 続きを読む