MENU

*

トヨタ スープラ 次期型、やはりMTはナシ? 内装はBMW風に

   

1:
トヨタ スープラ次期型が、カモフラージュも軽く再びニュル高速テストに姿を見せた。

全体的フォルムがかなり見えてきたプロトタイプは、大口エアインテーク、「Z4」次期型より短いオーバーハング、テールライトのアウトラインやツインエキゾーストパイプが確認出来る。

今回はスープラのキャビン内が目撃されており、レポートによると、Z4のMTとは異なるATシフトレバーが確認されている。

情報によれば、スープラはオートマチックのみの設定となる可能性があるようだ。

またコックピットには、Z4に酷似したダイヤル・コントローラーや、センターのインフォテインメントシステムが確認でき、Z4に雰囲気が酷似していたという。

パワートレインは、BMW製2リットル直列4気筒ターボ、及び最高出力340psを発揮する、3リットル直列6気筒ターボエンジンのラインナップが予想されている。

2017年の東京モーターショーで、市販型に近いモデルが登場すると思われ、2018年からオーストリアのマグナシュタイアで生産、逆輸入の形で日本でも発売されることになるだろう。

https://response.jp/article/2017/06/09/295919.html#cxrecs_s

1194604

1194615

1194605

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497053084/ 続きを読む