MENU

*

ついに四輪車を販売か?“F1直系”ヤマハのスポーツカー

   

1: 海江田三郎 ★ 2015/11/29(日) 19:15:50.05 ID:CAP_USER.net
http://dime.jp/genre/218046/1/

 2015年の2月、モーターサイクルでおなじみのヤマハが2019年から欧州で四輪車の販売を行う予定との報道が流れた。
そして今回の東京モーターショーでは軽量スポーツカー「SPORTS RIDE CONCEPT」を発表、ヤマハから市販乗用車がデビューすることがいよいよ、現実味を帯びてきた

■MotoGP世界チャンピオンのヤマハが四輪車に挑む

 ホルヘ・ロレンソ選手のライディングにより、二輪車レースの最高峰、2015年MotoGP世界選手権で世界チャンピオンを獲得したヤマハが、勢いそのままに、ついに市販乗用車の世界へ挑もうとしている。その先行試作モデルとして、「第44回 東京モーターショー2015」に出展したのがこの「SPORTS RIDE CONCEPT(スポーツライド コンセプト)」だ。

 モーターサイクルファンにとって、国内4大二輪車メーカーにはそれぞれのイメージがある。エンジンと革新のホンダ、ハンドリングと精緻なヤマハ、唯我独尊のスズキ、男のカワサキというイメージだ。もちろんモデルにより異なるし、時代で受け取め方は変わる。だが、そのイメージは企業の血脈として流れ続けているのだ。

 このスポーツライド コンセプトもまた、ヤマハのDNAを感じさせるスポーツカーだ。伝統と革新を宿らせた、繊細かつ高品位なデザインは軽量かつコンパクト。デザインスタディモデルながら、優れたハンドリングを予感させるのだ。

 では、ディテールを覗いていこう。まずクルマの顔ともいえるフロント周りから。こちらは同社のモーターサイクルのYZF-R1を彷彿とさせる、スポーティでシャープなデザインに仕上がっている。
0216-300x199

MotoGP世界チャンピオンのヤマハが四輪車に挑む
 インテリアデザインは独立した丸型メーターが配された、比較的オーソドックスなものだが、メタル、レザー、そしてカーボンを適所に配した上質な仕立て。精緻なヤマハのイメージの源泉でもある、楽器製作の現場から着想を得た木目技術や、ギターに用いられるサンバースト塗装も同社ならではのDNAを強く意識させる。
0311-300x227

MotoGP世界チャンピオンのヤマハが四輪車に挑む
 アウターデザインはモーターサイクルのタンクとカウルのように、独立したキャビンと前後カウルが描くふくよかなシルエット。
これもまた、ヤマハのアイデンティティを主張する。
053-300x224

044-300x225

■V12 3.5LのF1エンジンを搭載するモンスタースポーツカー
 現在は二輪車メーカーとしてのイメージが強いヤマハだが、かつては市販前提のスポーツカーを発表したことがある。それも超弩級のスポーツカーだ。何せF1と同じV型12気筒3.5Lエンジンをミッドシップに搭載したのである。 それが1991年に発表された「OX99-11」なのだ。

 その昔、某コーヒーメーカーのCM「違いがわかる男」シリーズに登場したことでも有名なカーデザイナー、由良拓也氏がデザインを担当し、極限まで空力を追究したスタイルは、カーボンモノコックフレームとハンドメイドのアルミ製ボディにより形作られている。

 サイズは全長4000×全幅2000×全高1220mmとロー&ワイド。詳細は発表されていないが、車重は推定850kgほどと超軽量なもの。 サスペンションはインボード式のダブルウィッシュボーン。そこにAP製の4ポットキャリパーのディスクブレーキを組み合せ、前後に奢られる。 シートは一見センターレイアウトの単座に見えるが、実はモーターサイクルのようにタンデム配置で助手席を持つ。センターレイアウトというアイデアは、後に「マクラーレンF1」でも見られるユニークなものだ。予定された価格は1億3000万円ともいわれていた。

引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1448792150/ 続きを読む